診断サービス

機械基礎、フランジ、定盤などの平面度(平坦度)診断

Yレベルやトランシットによる測定

従来の平坦度測定には、建設現場の測量にも用いられるYレベルやトランシット(セオドライト)が使用されていました。

Yレベルやトランシットによる測定では、平面上のある場所にスケールを立て、その目盛りを読み取ります。他の場所も同様に高さを測定し、それぞれの高さを比較することで、全体の平坦度を算出します。

この方式では人が目盛りを読み取るため誤差が生じやすく、精密な測定(0.2mm以上の精度)は一般的に難しいといわれています。また、記録は手書きで記入する上に、平坦度を算出するための計算も人が行うため時間がかかり計算ミスが発生する可能性もありました。

1111_lavalign_18

関連リンク