診断サービス

機械基礎、フランジ、定盤などの平面度(平坦度)診断

レーザー技術を応用した新しいシステムとして、レーザー平面度計測器 レバラインが開発されました。直進性の高いレーザーと高精度なセンサの組み合わせで、各設備のフランジ合わせ面や基礎,加工機のテーブルやベッドなど、広範囲にわたる測定面のスピーディーかつ高精度な平面度(平坦度)診断が可能になります。

最新レーザー技術でスピーディ&高精度な測定

測定対象物の上に、レーザー測定面を作って測定

1軸のレーザーを用いて、平面の平面度(平坦度)を測定するため、レバラインでは回転レーザーが採用されています。精密に水平にセットされた専用のレーザー発射機よりレーザーを照射し、そのレーザーを回転させることで、測定対象物の上に、レーザー測定面を作ることができます。

1210_lavalign_13

 

別の測定点でもデータを取得し、それぞれの高さの差を検出します。その取得データを組み合わせることで、設備の平面度(平坦度)をコンピュータにより自動算出するのです。

1210_lavalign_05

平面を定義するためのグリッドは、長方形と円の2種類から選択することができます。

1111_lavalign_11

 

高い測定精度

レバラインによる平面度(平坦度)診断は、使用目的によってレバライン ウルトラiSとレバライン エキスパート/レバライン エキスパートiSを使い分けるなど、様々な用途・条件に高い測定精度で対応できます。

  レバラインウルトラiS レバライン
エキスパート
レバライン
エキスパートiS
最大測定可能範囲 レーザー発射器を中心として半径20m レーザー発射器を中心として半径100m

レーザー発射機回転誤差

オフセットエラー:±0.005mm オフセットエラー:±0.025mm
コニカルエラー:±0.015mm/m
水平出しエラー:±0.028mm/m
コニカルエラー/水平出しエラー:±0.024mm
レーザー検出器分解能 0.001mm 0.01mm 0.01mm
レーザー検出器測定精度 <1% R.D. ±0.02mm <1% R.D.

 

鉛直方向も測定可能

鉛直方向にレーザーを自動回転させることができるため、垂直方向も水平方向と同様に平面度(平坦度)を計測できます

1210_lavalign_07

診断レポート

測定結果は、それぞれの測定ポイントの数値ならびに2Dまたは3Dのグラフィックデータでレポートします。平面度(平坦度)が一目でわかるため、診断後の詳細検査や補修の優先順位づけや実行が容易になります。

1111_lavalign_19

 

測定結果の表示

回転レーザー面を基準として、高さの変化を平面度(平坦度)として表示する(レーザー基準),あるいは、全測定点のうち3点を選択し、その3点を通る平面を基準面として、他の測定点の高さ(平坦度)を表示するなど、一度測定してしまえば、状況に応じて、結果表示の方法を選択することも可能となります。

1111_lavalign_12b

関連リンク