メンテナンスを学ぶ

記事全文検索
ポンプ据え付け時の芯出し(メンテナンスを学ぶ:芯出しの入門講座)

ポンプ据え付け時の芯出し

お客様から、購入したポンプが数か月で故障してしまうというお話をよくお聞きします。故障の状況は「ベアリング破損」「メカニカルシール破損」「振動・異音」など様々です。では、なぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか。その理由と解決方法をご紹介します。

軸芯出し(シャフトアライメント)とは

軸芯出し(シャフトアライメント)とは、モーターとポンプなど2つ以上の機器で、動力軸からもう一方の軸に軸同士を結合する際、それぞれの回転軸が運転状態で同一線上に位置するように調整する作業です。芯出しの状態が悪いと軸受けの寿命が短くなったり、設備の振動が大きくなったり、カップリングの破損に繋がったりします。

軸芯出し(シャフトアライメント)の表し方

軸芯出し(シャフトアライメント)では、位置を測定しずれを修正するために、芯出しの状態を定量化し、表現する方法が必要です。現在、世界的に標準となっているものは、設備の芯出し状態を水平・垂直方向それぞれの傾斜角度とオフセットで表現する方法です。

軸芯出し(シャフトアライメント)に求められる精度

軸芯出し(アライメント)の値は運転状態でゼロに近いのが理想です。実務でゼロを追及すると作業が困難で多大な時間を要するため、振動が発生しにくい範囲での軸芯出しの許容値が定められています。そのミスアライメントの量は、回転数や出力、カップリングの種類、中間軸の長さ、設備の設計、要求される設備寿命等で決められます。

カップリングの応力と軸の曲がり

軸芯出し(シャフトアライメント)を実施する際、測定値からシムの量を計算して修正しても、なかなかうまくいかない場合があります。このようになかなか芯が出ない、時間がかかる、芯出しが合わないといったトラブルの原因の一つである、カップリングの応力と軸(シャフト)の曲がりについてお話しします。

回転機故障の原因となるミスアライメント(芯ずれ)

軸芯出し(シャフトアライメント)を実施する際、測定値からシムの量を計算して修正しても、なかなかうまくいかない場合があります。このようになかなか芯が出ない、時間がかかる、芯出しが合わないといったトラブルの原因の一つである、カップリングの応力と軸(シャフト)の曲がりについてお話しします。

やってはいけない芯出し(カップリングアライメント)

芯出しの「やってはいけないこと」とは何でしょうか?今回、ベテラン実務者の方々に、「購入した新品のポンプにそのまま配管して、芯出しをせずに使用する」「脚のガタを確認しないで芯出しをする」「ボルトの締め付けを複数の人が行う」等の代表的な悪い芯出しの例と、良い芯出しに向けてのアドバイスをお聞きしました。

上手な芯出しの仕方(カップリングアライメント)

芯出しは、高度で熟練を必要とする作業とされますが、ダイヤルゲージ、レーザーを用いた測定器などのいずれのツールを使う場合も芯出しの基本は同じです。正確な測定と手順を踏んだ作業を進めていけば決して難しいものではありません。ここではポンプの芯出しを例に、芯出しの作業の進め方をお話しします。

レーザー軸芯出し器を使いこなすには?

レーザー軸芯出し器 ロータラインを導入されたA石油化学会社様を取材し、「導入前に障害となったこと」「導入前・後に実施したこと」「新人教育で実施されていること」「導入後に現われた変化」など、メンバー全員が使用できる本格的な活用に至るまでの流れを教えていただきました。

レーザー軸芯出し器ユーザーの方にアンケートを実施

「使いこなすのが難しい?」「色々な回転機に使えるの?」などの疑問から、取っ付きにくい印象を持たれているレーザー軸芯出し器を実際に使われているお客様に取材し、使ってみての率直な感想、実際に活用している状況などを聞かせていただきました。またレーザー軸芯出し器の測定原理もご紹介しています。
Page 1 of 41234