診断サービス

レーザーボア(内径)アライメント診断

タービン車室やシリンダーのボア(内径)アライメント作業は経験と勘を要するため、作業者の能力により作業時間、精度が左右され、作業の工程を大きく狂わす場合があります。
TTSでは、GE(General Erectric)社をはじめとした世界で実績のあるレーザーアライメント技術を採用し、それを駆使するスーパーバイザーと機器を派遣・提供することで、迅速で正確な作業を実現します。

特長

タービンのフローパーツアライメント専用に開発されたシステムによる正確な計測

スチーム・ガスに関わらず様々なタービンのフローパーツ(動翼・静翼)のアライメント計測を行います。

従来のピアノ線やダミーシャフトによる計測ではなく、レーザーを用いて計測するために、従来の3倍のスピードで計測し、計測の間も修正作業を可能にすることでフローパーツのアライメント工程全体を更に短縮できます。

全てのボア(内径)を持つ機器を対象に、経験豊かなスーパーバイザーが修正作業を指示

海外のエンジニアとの連携により、主要なメーカー全てのタービンにおける計測実績に基づいた、計測と修正指示を行います。

タービンの他、シリンダー等のボア(内径)を持つ機器なら大型・小型に関わらず、TTSのスーパーバイザーが最適な修正量を計測値から算出してお知らせします。

関連リンク