診断サービス

パララインによる診断

パララインによる診断

ロールの測定

この診断システムには、宇宙・航空工学で利用されているリングレーザージャイロ(方位診断器)を使用します。その解像度はスペースシャトルや航空機に使用されているものと同等の4μm/mで、非常に高精度です。

リングレーザージャイロとは、基本原理としてサニャック効果を利用したものです。光路中を進む光の速度が光路の運動に関係なく一定であることから、光路(この場合ジャイロ)の動きによって光路の長さが変わったかのように見え、干渉が生じる現象を利用しています。

測定は、ロール表面を滑らせる(またはロールに固定しロールを回転させる)ように行います。この測定方式をスウィープ測定モードと呼びますが、スウィープ測定モードでは20°以上の範囲を測定できれば高精度の結果が得られます。この測定でロール(Roll)・ピッチ(Pitch)・ヨー(Yaw)量を同時に測定します。

1609_paralign_05

パララインによる診断の特長

診断時間はロール1本当たり1~5分と、従来技術と比較して圧倒的な時間短縮が見込めます。不織布の製造設備でも、40~80本、アルミ薄板の製造設備などでも100本/日程度の診断実績があります。

診断に必要なものは、診断器本体と診断データを記録するノートPCのみです。本体とPCの間はBluetoothで通信するため、ケーブルも不要で非常に機動力があります。

ロール間の距離・障害物不問 ロール間の距離に制約が無い
ロール同士が直接見えなくても診断可能
別フロア、ロール間の障害物も問題なし
ロール間の間隔が狭くても問題なし
スピーディー 一度に水平・垂直方向の偏角を同時に診断可能
高精度 テフロンシートをロール表面に貼り付けることでロールの傷を防止
最小80mmのロールまで診断可能
クラウンがついたロールや長尺物のロールにも対応
全てのロールに対して診断精度は±0.05mm/m(分解能は 4μm/m)

 

ロール間の距離・障害物不問

ロール間の距離に制約がない

1609_paralign_06_z

 

ロール同士が直接見えなくても診断可能

1609_paralign_07_z

 

別フロア、ロール間の障害物も問題なし

1609_paralign_08_z

 

ロール間の間隔が狭くても問題なし

1609_paralign_09_z

 

スピーディー

一度に水平・垂直方向の偏角を同時に診断可能

 

1609_paralign_11_z

 

高精度

テフロンシートをロール表面に貼り付けることでロールの傷を防止

1609_paralign_16z

 

最小80mmのロールまで診断可能

1609_paralign_10

 

クラウンがついたロールや長尺物のロールにも対応

1609_paralign_17-fw

 

全てのロールに対して診断精度は±0.05mm/m(分解能は 4μm/m)

1609_paralign_13

ロールの測定

この診断システムには、宇宙・航空工学で利用されているリングレーザージャイロ(方位診断器)を使用します。その解像度はスペースシャトルや航空機に使用されているものと同等の4μm/mで、非常に高精度です。

リングレーザージャイロとは、基本原理としてサニャック効果を利用したものです。光路中を進む光の速度が光路の運動に関係なく一定であることから、光路(この場合ジャイロ)の動きによって光路の長さが変わったかのように見え、干渉が生じる現象を利用しています。

測定は、ロール表面を滑らせる(またはロールに固定しロールを回転させる)ように行います。この測定方式をスウィープ測定モードと呼びますが、スウィープ測定モードでは20°以上の範囲を測定できれば高精度の結果が得られます。この測定でロール(Roll)・ピッチ(Pitch)・ヨー(Yaw)量を同時に測定します。

1609_paralign_05

パララインによる診断の特長

診断時間はロール1本当たり1~5分と、従来技術と比較して圧倒的な時間短縮が見込めます。不織布の製造設備でも、40~80本、アルミ薄板の製造設備などでも100本/日程度の診断実績があります。

診断に必要なものは、診断器本体と診断データを記録するノートPCのみです。本体とPCの間はBluetoothで通信するため、ケーブルも不要で非常に機動力があります。

ロール間の距離・障害物不問 ロール間の距離に制約が無い
ロール同士が直接見えなくても診断可能
別フロア、ロール間の障害物も問題なし
ロール間の間隔が狭くても問題なし
スピーディー 一度に水平・垂直方向の偏角を同時に診断可能
高精度 テフロンシートをロール表面に貼り付けることでロールの傷を防止
最小80mmのロールまで診断可能
クラウンがついたロールや長尺物のロールにも対応
全てのロールに対して診断精度は±0.05mm/m(分解能は 4μm/m)

 

ロール間の距離・障害物不問

ロール間の距離に制約がない

1609_paralign_06_z

 

ロール同士が直接見えなくても診断可能

1609_paralign_07_z

 

別フロア、ロール間の障害物も問題なし

1609_paralign_08_z

 

ロール間の間隔が狭くても問題なし

1609_paralign_09_z

 

スピーディー

一度に水平・垂直方向の偏角を同時に診断可能

 

1609_paralign_11_z

 

高精度

テフロンシートをロール表面に貼り付けることでロールの傷を防止

1609_paralign_16z

 

最小80mmのロールまで診断可能

1609_paralign_10

 

クラウンがついたロールや長尺物のロールにも対応

1609_paralign_17-fw

 

全てのロールに対して診断精度は±0.05mm/m(分解能は 4μm/m)

1609_paralign_13

関連リンク